知っておくと便利!賃貸物件探しと初期費用を抑えるポイントを紹介!

Good Home

効率良く賃貸物件を探していこう!

ライフスタイルの変化によっては今住んでいる場所から引越しをする必要がありますよね。現在では数多くの賃貸物件が存在しており、ピンポイントで気になる物件を見つけることは難しいと思います。そこで新橋や早稲田、新宿などで効率良く賃貸物件を探すコツを紹介していきます。探すコツを把握して、自分の条件に適した賃貸物件を見つけていきましょう。合わせて、初期費用を安く抑える方法も解説していくので必見ですよ。

[PR]

千代田区エリアの賃貸マンションに引っ越し♪
お洒落な物件ばかり!

[PR]

長岡京市の賃貸を豊富に取り扱い中
希望の物件を手軽に探そう

[PR]

東京の高級賃貸を数多く紹介!
仲介手数料が無料!

[PR]

東京で賃貸を探しているなら要チェック!
多種多様の物件を公開中

[PR]

新大阪の賃貸は不動産会社で探そう
専任スタッフが丁寧に対応してくれる

物件を探すポイントとは?

積み木

ネットを活用して情報を集める

賃貸物件を探そうと思った際に不動産会社に行くと思いますが、その前にインターネットを使ってある程度物件の情報を集めていた方が良いですよ。現在ではインターネットが大幅に普及したことにより、パソコンやスマホを使用して賃貸物件を探すことが出来る時代になりました。数多くの不動産会社が賃貸サイトを持っているので、そこの検索フォームから住みたい部屋の希望条件を入力すると瞬時に条件に適した物件が表示されます。あらかじめ賃貸物件を検索して調べてみることで家賃の相場やどのような物件があるかなどを知ることが出来るでしょう。そこで気になる物件を見つけることが出来たら、すぐに詳細のお問い合わせをすることが出来るので非常に便利です。なお、インターネットで賃貸物件を探す際には「専有面積」について注意していきましょう。専有面積とは部屋全体の広さのことを表しています。物件を確認する際に大体は「1R」「1DK」と表示されている間取りの情報しか見ない人が多いですが、重要なのが専有面積となっているのです。同じワンルームと表示されていても、部屋の広さには色々な種類があるので必ずチェックしていきましょう。

ライフスタイルを考慮する

家は生活をしていくための重要な拠点となっていきます。そう簡単に引越しをするのは難しいので家探しは慎重に行なうのがポイントですよ。そこで、物件を探す際は自分のライフスタイルを考慮してそれに適した物件を選んでいくと良いでしょう。最寄り駅の路線や自宅までどれくらいかかるか、間取り、家賃、築年数、住宅設備、防犯性、周辺環境など賃貸物件を探す際には色々な条件があります。すべての条件に適した物件を探すことも出来ますが、それだと時間がかかってしまう恐れがあるので、優先順位を付けていくと良いですよ。住んでいく上で絶対に譲れない条件や必要だと感じることを優先して選んでいくことで、希望する物件を見つけることが出来るでしょう。また、場合によっては短期間だけ賃貸物件を借りたいとなることもあります。そんなときは1週間単位や1ヵ月単位で借りることが出来るマンスリーマンションやウィークリーマンションの利用がお得です。大阪の梅田では数多くのマンスリーマンション、ウィークリーマンションがあるので確認してみると良いでしょう。

賃貸物件の初期費用を安くする4つの方法

敷金・礼金が無い賃貸物件

賃貸物件の初期費用を抑える方法として、敷金・礼金なしの物件を狙っていくと良いでしょう。礼金はその物件の管理者や大家さんに対して部屋を貸してくれたお礼として払っていくもので、敷金とは部屋の保証金といったような意味合いを持っています。賃貸物件を借りる際は基本的に初期費用の1つである敷金・礼金は必要となりますが、高い費用となっているのが現状です。最近では敷金・礼金が0円の物件も増えてきたので、そのような物件を借りることで初期費用を安くすることが出来るでしょう。

仲介手数料をチェック

部屋を借りるにあたって不動産会社に利用は必須となっています。不動産会社を通して賃貸物件を借りたい際に発生する費用に「仲介手数料」があります。仲介手数料とは部屋を紹介してくれた仲介業者、つまりは不動産会社に報酬として支払っていかないといけない費用となっています。この仲介手数料も初期費用の1つとされていて、一般的にその物件の家賃1ヵ月分を仲介手数料として支払っていく必要があるでしょう。そこで、初期費用を抑えていくために仲介手数料が発生しない不動産会社を利用していくのがポイントです。

火災保険は自分で探そう

火災保険に入る場合、不動産会社から紹介してもらった賃貸向けの火災保険を利用していくと思いますが、自分で探して加入した方がお得になります。実は不動産会社が求めている条件を満たすことが出来ていれば、自分で選んだ火災保険に加入することが出来るのです。自分で探すのは面倒だと感じることもありますが、最近ではネットを利用して加入できる火災保険もあるのでチェックすると良いですよ。ネットの火災保険では格安なプランがあるので、ぜひ加入してみましょう。

分割払いをしていく

初期費用を安くする方法は色々とありますが、それでも負担が大きいようであれば初期費用を分割で払っていくという方法もあります。不動産会社を利用する際に、初期費用の分割払いについて確認しておくと良いですよ。また、不動産会社によってはキャンペーンを開催しているので、それを積極的に利用していくことも出来ます。

広告募集中